概要

膨大な量の浪費電力が地球温暖化を加速

機器の電源コードを差し込んだままでいると、PC や周辺機器によって待機電力が消費され続けます。
機器の電源がオフで電源コードは差し込んだままの状態で浪費される電力量は、家庭利用と産業利用における全消費電力の 13% を占めています。コンピューターの場合、「使用中の浪費電力」費は、年間 43 億ドルに達しています。
電子機器の「使用中の浪費電力」は、電源がオフの機器における「待機電力」の 10 倍以上であり、全消費電力の 50% 以上に相当します。

機器を待機状態で放置したままデスクから離れている間に、PC、モニター、プリンター、スキャナー、扇風機、ヒーターなどによって莫大な電力量が消費されています。
このような電力を、ここでは「使用中の浪費電力」と呼んでおり、年間に数十億ドルもの電力費が浪費されています。
「待機電力」と「使用中の浪費電力」は、ショートによる火災の主な原因となっています。

莫大な電力量が企業で浪費されています。

電子機器を使用せずに電源オンの状態を維持すると、どれほどの電力量が浪費されるのでしょうか。
打ち合わせ、電話、面接、食事、外出の間でも、電力は消費されています。 電子機器の「使用中の浪費電力」は、電源がオフの機器における「待機電力」の 10 倍以上であり、全消費電力の 50% 以上に相当します。

このことを考慮して、PC 用自動節電制御システムであるチェックタップは、ユーザーの代わりに浪費電力のあらゆる要因を調査して、待機電力を含むすべての浪費電力を自動的に遮断するとともに、詳細の追跡や節電状態の監視も行えるように設計されました。この革新的な次世代のマルチ電源ソケットは、USB インターフェイスを介して PC に接続でき、また、ソフトウェアを使用して制御できます。

XE Login